一生身につけるものだからこだわりたい!満足度の高い結婚指輪の選び方などを教えます

当サイトでは一生身につけるものだから拘りたい、満足度の高い結婚指輪の選び方などを掲載しています。
結婚した男女が身に着ける指輪はオーソドックスなデザインを選ぶのが無難といえるでしょう。
比較的シンプルなデザインの指輪が定番となっています。
指輪のデザインは夫婦で揃えなくてもいいのか、という疑問にもこのサイトではお答えしています。
2人の好みが合わなくて困っているという場合には、参考にすると解決方法が見つかるはずです。

一生身につけるものだからこだわりたい!満足度の高い結婚指輪の選び方などを教えます

結婚指輪の選び方を知りたい人は多いのではないでしょうか。
これから結婚指輪を購入するなら満足感のある指輪を見つけたいものですが、そのためには試着をして選ぶのがおすすめです。
ジュエリーショップを訪れて、気になるデザインの指輪を実際に着けてみると着け心地が良くデザインも気に入るものが見つかるはずです。
もし既製品に好みのものがなければ、フルオーダーやセミオーダーなどの利用も検討してみると良いかも知れません。

結婚指輪を購入する時期の目安は?

結婚指輪は結婚した証として夫婦で身につけるもので、結婚を機に準備するアクセサリーです。
結婚指輪を購入する時期の目安は、一般的には結婚式に間に合うように式の2週間前~2ヶ月前くらいが理想的です。
なぜなら、挙式のセレモニーの一つとして指輪交換の儀式があるからです。
また、結婚式を行わない場合は、日程があまり気にならないでしょうが、購入のタイミングはいつから装着したいかによって変わってきます。
用意があまり早すぎると、結婚式や入籍日当日に指のサイズが変わってしまうなど、不測の事態に陥るケースがあることも考慮して時期を選びましょう。
ブランドものなど出来上がってる結婚指輪を選ぶ場合でも、サイズが欠けているなどの問題があったり、オーダーメイドで注文する場合もデザインの打ち合わせがあるので、自分たちが考えているよりも早めには行動したほうが安心です。
結婚指輪は、基本的には生涯装着する指輪なので、失敗を防ぐためにも購入するタイミングをしっかりと考えて計画立てておくと良いです。

結婚指輪の基本的なデザインは6種類

結婚指輪の基本的なデザインは大きく6種類に分けられます。
定番と言われているのがストレートです。
指輪のアーム部分が文字通り一直線になっています。
とてもシンプルな形なので、男性・女性問わず身に着けやすい、色々なファッションに合わせやすいのが特徴です。
別名「美指リング」とも言われており、指を細くキレイに見せたいという方に選ばれているのがウェーブです。
ウェーブは指の流れに沿って柔らかな印象を与えてくれます。
ストレートだと物足りないけれど、あまり派手な指輪は抵抗があるという方にもウェーブは好まれる傾向にあるようです。
スタイリッシュな指輪が好みという場合は、V字もおすすめです。
V字は指輪のアームが手の甲に向かってV字型を描くような形になっています。
この他に普段付けているジュエリーと同じ感覚で着用できる極細、個性が出せる幅広、そして指輪のアーム部分にダイヤモンドが装飾されたエタニティが、結婚指輪で基本的なデザインと言われています。

結婚指輪の定番の素材はプラチナ!

結婚式の時に指輪の交換という流れもありますし、式をあげないとしても結婚指輪を夫婦で付けるということは多いです。
今は男性もつけていることが昔よりも多いですし、夫婦でペアの指輪を選んでいくということもお勧めです。
結婚指輪は婚約指輪とセットで選ぶと、重ね付けもしやすいデザインになっていたりデザインの統一感というのも得られますのでお勧めです。
そのためプロポーズの時にはイミテーションを渡して後で一緒に選ぶということも、最近では増えている傾向が見られます。
ちなみに結婚指輪の素材として1番多いのはプラチナです。
変化しにくいというのが1番のポイントで、あとは金に比べると日本人にもマッチしやすい色というのがあるからです。
変質しにくいのが1番のポイントではありますが、最近では金やピンクゴールドを選ぶというのも有りますし好みで選んでも問題はありません。
また必ずしも夫婦でペアでなければならないというコテとはないです。

石付きの結婚指輪のメリット・デメリット

石付きの結婚指輪を選ぶカップルも増えています。
宝石がデザインされた指輪のメリットとして、1本でも華やかな印象になるという点が挙げられます。
ダイヤモンドだけでなく誕生石も選べるので、特別感やデザイン性のある指輪になります。
予算上、婚約指輪の購入が難しいという場合にも選ばれるようです。
逆に宝石を装飾した結婚指輪のデメリットとしては、宝石がずれたり外れてしまう事があるという手が挙げられます。
結婚指輪は普段から毎日、着用する方が大半です。
いつも身に着けているので、家具などにぶつけたりして宝石が外れてしまう事があります。
取れてしまった場合は、メンテナンスして直す必要があるので注意が必要です。
また、フルエタニティといった指輪のアーム部分全てにダイヤモンドが装飾されているような指輪は、サイズ直しが難しいとされています。
お葬式では結婚指輪を見に着けるのはOKとされていますが、ダイヤモンドなど宝石があしらわれているものはNGなので、外す必要があるのもデメリットです。

結婚指輪に関する情報サイト
結婚指輪の選び方

当サイトでは一生身につけるものだから拘りたい、満足度の高い結婚指輪の選び方などを掲載しています。結婚した男女が身に着ける指輪はオーソドックスなデザインを選ぶのが無難といえるでしょう。比較的シンプルなデザインの指輪が定番となっています。指輪のデザインは夫婦で揃えなくてもいいのか、という疑問にもこのサイトではお答えしています。2人の好みが合わなくて困っているという場合には、参考にすると解決方法が見つかるはずです。

Search