結婚指輪のデザインは夫婦で揃えなくてもいい?

結婚指輪のデザインは夫婦で揃えなくてもいい?

結婚指輪は夫婦同じデザインであるべきだという考えの方もいますが、実は別々でも問題はありません。
夫婦で好きな指輪のデザインが違った場合でも無理にどちらかに合わせる必要は無く、自分の好きな指輪を買う事が出来ます。
ただ、夫々が単に好きなものを買ってしまうとせっかくの結婚の為の記念品という感覚が薄れてしまうので、合わせる所は合わせてください。
例えば結婚指輪を買うお店は同じにしてみたり、同じブランドにするなどです。
あと、デザインが違っていても同じ石や素材を使ってみる、内側に刻印するメッセージを一緒にするなど工夫すればいいでしょう。
男性の方は石をつけず、女性の方だけ石の入ったペアのセットなども販売されているので、そういったものを購入するのも一つの方法です。
あくまでも結婚した印というだけのものであり、一定のルールがある訳ではありません、お互いに納得しなければ普段使い出来なくなるので話し合って自由に選んでみてください。

結婚指輪を作るときには統一感を持って考案しよう

結婚指輪というのは、一人で装着するものではありません。
夫婦二人でそろって身に着けるものですね。
そのため、統一感を持ってデザインを考慮することが重要です。
例えば、男性の好みはシンプルなものがいいと思っているけれど、女性の好みでは、少しお洒落にあしらってあるものがよいという場合も。
しかし、結婚指輪というのはシンプルなものが多いのです。
食い違う二人の意見を統一することは簡単ではありません。
お互いの好みはあっても、結婚指輪というのは、TPOを選ばず装着することが出来るものでシンプルなものがベストです。
二人の希望をすり合わせて、統一感を重要視して指輪選びを行いましょう。
もしも二人の意見が合わなかった時には、誰か第3者に意見を求めるのもいいですね。
冷静に判断をしてくれるはずです。
そして別の視点からこれまで気が付かなかったアドバイスをしてくれることもあるでしょう。
結婚指輪というのは、好みだけで選ぶものではないのです。

結婚指輪に関する情報サイト
結婚指輪の選び方

当サイトでは一生身につけるものだから拘りたい、満足度の高い結婚指輪の選び方などを掲載しています。結婚した男女が身に着ける指輪はオーソドックスなデザインを選ぶのが無難といえるでしょう。比較的シンプルなデザインの指輪が定番となっています。指輪のデザインは夫婦で揃えなくてもいいのか、という疑問にもこのサイトではお答えしています。2人の好みが合わなくて困っているという場合には、参考にすると解決方法が見つかるはずです。

Search